Taylor with Respect, Reconstruction of Tailoring

Taylor with Respect, Reconstruction of Tailoring

Shi-Ta-Te

「レガシー」

デザイナー脇聡の祖父は、戦後四国にて仕立て屋を営んでいました。
こちらの写真に見えるのは当時の店舗。モザイクタイルによる柱や、ステンドグラスを思わせるデザインの窓など、祖父の拘りを感じるモダンな建物です。本人が仕立てた約40年前のジャケットには、現代では見ることのできない仕立てがされており、裏地のような見えない部分へのこだわりや、ボタンやステッチなど細部への拘りを感じさせます。
細部にまでこだわるスタイルは、テイラーウィズリスペクトのブランドコンセプトに受け継がれています。

実際に四国にあった祖父のテーラー「和氣養福堂」。

Shi-Ta-Te index

Eyewear since 2017

© SOWELL DESIGN OFFICE.